2011年02月16日

プログレス21、Book1が改訂されます。

今年入学の皆さんのなかで、召集日に「プログレス21のBook1が改訂される」という
お話をお聞きになった方もおいでかと思います。

エデックさんのホームページにも詳細がまだ出ていないので、
電話して状況を伺いました。

1.英文法の項目の増減・習う順番の変更はないとのことです。より使いやすい形をとるための改訂だそうです。
2.改訂が入るのは、今年はBook1だけです。今はエデックさんから直接買わない場合、(小川書店さんから買うような場合)現時点では最新のものは買えませんので、改訂されたものをお求めになる場合は、エデックさんにご注文なさるのがよろしいかと存じます。(小川書店さんへの入荷は、テキストを含め、三月末になるそうです。こちらも、小川書店さんに電話してうかがいました。)
3.改訂が入ったBook1に準じたサブテキストで扱いがあるものはテキストと、SDリピーターのソフトです。
4.改訂が入ったBook1に準じたワークブックと、セルフススタディについては、三月末をめどに発行する予定だそうです。
5.ワークアウトやワードリストについては、今の新中1の皆さんが中3になる段階で改訂が終わるようです。
6.ペンマンシップの仲間として、Beginという冊子が入るそうです。こちらは、SDリピーターによる音声での勉強ができますが、ペンマンシップをお使いの方は、重なる部分もありますので、買い替えはご家庭のご判断にお任せします、とのことでした。

お役に立てましたら、ありがたく存じます。
よろしくお願い申し上げます。

【関連する記事】
posted by 華岡依音 at 01:43| きいて、考えた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

今年の受験生たちを送りだしました。

お久しぶりです。華岡です。

中学受験生は、入試を終了し、みな学校に復帰しました。
念願の携帯電話を手に入れたり、「女子会」を開いたり、
クリスマスとお正月をやり直すのだと街に飛び出したり、している方もいるそうです。

そして私は犬とのんびりゆっくり朝の散歩をし、
久しぶりに夫の出勤を見送って、
家の隅のほうまで掃除機をかけ、
ブログにログインしようとして、
パスワードの入力に四苦八苦してみたり、と、
ちょっとゆっくり(ぼんやり)しています。

今年の外部入試組は、
去年とは違う女の子御三家(国語の問題傾向が変わった学校です)、
副都心線の終点にある大学付属ではない共学校、
副都心線の反対の終点からもう少し奥まったところにある男子校に、
進路を決めました。

内部受験組は
女の子御三家とよく併願される二日校、
国立の共学の高校、
農学部のある六大学の農学部に、
進路を決めました。

内部受験組のうち高校・大学進学の方は、中学受験のころから断続的にお勉強をしてきたかたで、
外部受験組の方は、中学受験の大手と併用された方、途中で私とのお勉強に
シフトなさった方とがいらっしゃいます。
内部の中学進学の方は、家庭教師一本で、算数と国語を見させていただきました。
外部受験の方は国語をメインとし、他教科についてもアドバイスいたしました。
内部受験の高校進学の方は、塾と併用し、九科のアドバイスをさせていただきました。
内部受験の大学進学の方は、小論文のアドバイスをさせていただきました。

今年は再来年以降の受験に向けて、
じっくり腰を据えてお勉強を進める年になりそうです。
みな、準備期間に時間をかける必要のある目標を持っているので、
心静かに、淡々と、お勉強を進めようと思います。


今年の受験も、いろいろドラマがありましたが、
また、おいおいに、書ければと思っています。


ご報告が遅くなりました。
ツイッターを始めています。
華岡依音
hanaokaion
で検索していただければ、見つかるかと存じます。
よろしくお願い申し上げます。



もしよろしければ、クリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
posted by 華岡依音 at 15:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

さいごのさいごの、さくらさく。

今年のはじめに
こんな記事を書きました。

大学卒業を目前にして、その方が志望していた職種につくことが決まりました。
夫いわく、「まあ、少なくとも千倍ぐらいはあるんじゃない?」という倍率のようで、(夫は昔、そちら系の仕事をしていたのでそのお仕事についての知識があります)長い長い就職活動の末の、「さくらさく」でした。

その方は小学生のころからその職種を目指していて、小学校のときにはその関係の委員会に入り、中学受験の時にも面接でアピールしておいででした。
中学校ではその職種に役立つだろうとある部を選ばれ、その部活動に打ち込んでいくために私とのお勉強を終了させました。
その後も文理の選択のとき、進学のとき、と折に触れて連絡を取り合っておりました。
いつお目にかかっても進路についての思いはぶれることなく、大学では本当に優秀な成績をおさめられ、心おきなく就職活動を続ける中で、そこにつながるお仕事も少しずつなさり、そして4月1日から目指すお仕事に就かれます。

小学校時代に一番苦手だった教科を一緒に克服して、その教科の延長線上にある専攻を大学でなさり、いろいろなところで得た力を生かして、望みをかなえていく…

私自身、その方の姿に学ぶところがありました。

望み通りのお仕事であるからこそ、本当に苦しいかもしれないけれども、さらにいろいろな力をつけていかれると思います。


こういう形で、一人の人がご自分を作り上げていくときにかかわれて、よかったなあ、と、黄砂の空を見上げて思うのでした。

お役に立てましたでしょうか?もしよろしければ、クリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
posted by 華岡依音 at 13:02| つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

Re:桜蔭合格

お久しぶりです。華岡です。
中学受験が一段落し、教え子ちゃんのスケジュールも新年度モードにほぼチェンジし、新たな一年が始まりました。

この春も、教え子ちゃんたちの桜も咲き、教え子ちゃんたちは新しい学校の制服採寸に、新入生説明会にと忙しくお過ごしです。

この春の教え子ちゃんは少しだけ感慨深いものがあります。
私の本が出た年に、物語の主人公の「ボク」と同じように受験生活をスタートさせ、無事に合格なさった代の方だからです。完全にその時期に重なった方がおひとりおいででした。

この本は受験生ご本人が読んで、受験を攻略してもらいたいなという思いのもとに書いたものなので、教え子ちゃんの机の前に最後まで私の本が立っていたのがありがたいことでした。
そのなかのさまざまな工夫にもご家族のご協力を得ました。
54ページの「攻略ノート」と88ページの「解き直しノート」はルーズリーフで数冊、2センチと3センチくらいになりました。
この二つをこつこつ親御さんに作っていただいて、大きな模擬試験前にはざくざく解き直すことを続けました。
ある時期からは演習時間と演習量を確保していただくために、中学受験塾に通っていただくこともみんなで決め、私のペースを若干落としながら受験勉強を続けました。
最後の半年(夏前くらいから)には学校別対策として、月ごとのテーマを設けて、苦手を順々に克服しました。
得意分野が手薄になって成績が下がったり、苦手だったものが得意分野になったりを繰り返しつつ、1月校の受験から本番がスタートしました。
2月2日の午後二時過ぎに、受験休みの教え子ちゃんとお勉強をしていた私の携帯電話に一本のメールが入りました。
「合格してました。」

緊張せずに本番に臨めたとのこと。問題を確認したところ、秋に克服した分野の問題がほぼ同じ形で出ていました。

淡々と、次のステージに進まれた彼女を見送って、私はまた、日々のお勉強を、教え子ちゃんと続けます。

もし私の本にご興味をもたれた方は、こちらからどうぞ。

必勝!中学受験攻略本 (うかる~る)

必勝!中学受験攻略本 (うかる~る)

  • 作者: 華岡 依音
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本



ランキングにも参加しています。もしお役に立てていれば、クリックをお願いします。
家庭教師ブログランキング
ラベル:中学受験
posted by 華岡依音 at 10:57| つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

口を開く前に。

こんばんは。華岡です。
学年がかわり、進路が決まっていく時期です。
親御さんはお子さんに、あとを継がせるものがおありのかたはそのものを、お子さんに切り開いてもらいたいかたはその切り開いてもらいたいものをイメージなさっていると思います。
(私もそのイメージにできるだけ添えるように仕事をしたいと思い、日々を過ごしています。)
そのとき、お子さんの今おもちのものをよくごらんになって、親御さんのイメージがぼやけすぎず、過大すぎず、的が外れていなければ、たとえぶつかり合う時期があっても、すりあわせていかれると思います。かと言って、ピンポイントすぎ、過少すぎというのもお子さんにとってつらいものです。
ではどうイメージすればいいのか、その時、親御さんの来しかた行く末をイメージなさってきた経験が参考になると思います。
ご本人がつらい時期だからこそ、周りの人間のイメージの力がお子さんの助けになると思います。
その進路をとることが、どういう展開を呼ぶことが多そうか、考えてもしかたのない面までは考えなくてもよいのですが、考えることを封印することはないと思います。
考え抜いたな、という思いで、当日を迎えられるよう、口を開く前に、目を開き、耳を傾け、ご自身とお子さんの心を感じていただければなと思います。
posted by 華岡依音 at 19:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

プリントをなくさないための道具とその量のお話。

先日、プリントをなくさない教え子さんの話をしましたが、
大量にプリントを配布する学校ないし塾になると、数枚のプリントを入れられる入れ物では、外ではともかく、うちの中で困ってしまうと思います。

ものをなくさないお子さんは、早目に分けて、ちょくちょく使うものと使わないものの場所を分けてしまっていました。ちょくちょく使うものだけを机の上ないしそばに、使わないものは机から離す形で収納します。


フ-T750NX10 クリヤーホルダー 10枚入り PP A4 トウメイ

フ-T750NX10 クリヤーホルダー 10枚入り PP A4 トウメイ

  • 出版社/メーカー: コクヨ
  • メディア: エレクトロニクス




学校で大量にプリントが配られる場合はこうしたファイルに入れて持ち帰りますが、この場合は教科がまざっていてもかまわないのではないかと思います。家に帰ってから、こうしたファイルに入れ替えていけばよいのではないかと思います。

コクヨS&T クリヤーブック(エコロジー・固定式) ポケット20枚 黄 ラ-EC560Y

コクヨS&T クリヤーブック(エコロジー・固定式) ポケット20枚 黄 ラ-EC560Y

  • 出版社/メーカー: コクヨ
  • メディア: オフィス用品




ただしもらったプリントに何度も書きこみをする必要があれば、はさんでおくタイプのもののほうがなくならないと思います。

コクヨS&T 学習用 レバーファイル A4-S 黄緑 フ-SC300YG

コクヨS&T 学習用 レバーファイル A4-S 黄緑 フ-SC300YG

  • 出版社/メーカー: コクヨ
  • メディア: オフィス用品




塾で大量にプリントが配られる場合は一日の教科の数が限られていると思うので、教科ごとに色を決めてしまって「その日のその教科」でファイルにしてしまい、そのままボックスに立ててしまうというのも手です。

ファイルボックス<ミッキー>A4タテ F-MFB118-2

ファイルボックス<ミッキー>A4タテ F-MFB118-2

  • 出版社/メーカー: コクヨ
  • メディア: オフィス用品




本当にプリントが大量に配られることが分かっている場合は、安く買うことのできるお店で、年間に必要な量と何年間にわたってそのファイルをし続ける必要があるかを考えて、一括購入なさるのがいいと思います。
そしてそのファイルを置いておくスペースを確保しておかれると、学年が進んでからいらいらすることがなくなると思いますし、「ここがいっぱいになるだけの勉強をしていくのだ」という意識をお子さんに持たせることもできると思います。
受験が始まってから終わるまでの教材の場所として、一立方メートルの場所を確保しておかれれば、大丈夫だと思います。
カラーボックスでも、部屋の片隅の床面に順々に並べるのでもよいのです。とにかく指定席を作っておくことが、大切だと思います。


お役に立てましたでしょうか?
もしよろしければ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村
携帯電話の方はこちらから。
家庭教師ブログランキング
posted by 華岡依音 at 10:17| みて、考えた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

「あと一週間なのに、動揺が、止められない!」としても。

おはようございます。華岡です。
千葉の入試も山場を迎えています。
東京・神奈川の試験がもう目の前です。
私の教え子くん・教え子ちゃんも目の前に迫った自分の受験校(ラスボス)に向かって、日々を過ごしています。

問題演習をしていて、「どうしよう、うまく解けない」という状況になると、動揺するのも当然です。
まだ年齢も若いし、
教科と学校によっては小学校六年生であっても高校受験の内容(大学受験で出るものを形を変えて出されている場合もあります)まで理解したうえで取り組まなければならない問題と渡り合う必要があるのですから。
集中できるサイクルが月の中で変わるようになるお子さんもいらっしゃいます。食べ過ぎただけで、集中できなくなることもあります。

原因がはっきりしたら、学力と精神力以外の原因であれば、同じ状況を作らないように周りで心掛けてみてください。
この時期だから、そこは周りが関わってもいいと思います。
入試が終わったら、その原因をお子さんにわからせて、お子さん自身の力でそうならないようにさせてあげてください。

学力の場合は、今日明日だとまだ脳が新しい知識を拒否はしないと思うので、解答部分を覚えさせるのではなく、なぜその知識が導き出せるのか、その本質を話してあげることができる人間が話してあげればよいと思います。
たとえ相手が先生であっても、そこを話す余裕がなさそうであれば、「先生に質問してきなさい」という形での解決が解決になりません。
この時期にそこを采配できるのはかなり有能な先生ですが、すべての場所にそうした先生がそろっているわけでもありません。
ご家族の中でも、その話をできる方がおいでなら、調べつくしてお話してあげてください。
精神力の場合は、「がんばれ」という言葉に逃げないでください。
子どもたちは、かなりがんばっています。
十分頑張っているかどうかは、結果との兼ね合いになるので何とも申し上げられませんが、かなり、がんばっています。
少なくとも過去に見せた頑張りとは違うものを見せてきていると思います。
それでうまくいかないのは、がんばりの方向がよくないのです。
自らを悪い方向に追い込む問題との向き合い方をしていると思うのです。
すべての問題で計算ミスをするわけではないと思います。
すべての記号問題で「正しいもの」「正しくないもの」を逆にしてしまうわけではないと思います。
追い込まれたときにどうするとその動揺からうまく抜けられるのか。
それはお子さんごとに違います。けれども動揺から抜ける方法は、どのお子さんの中にも作っていけるものです。
逆に周りが出した指示が誤っている場合には、本番にその通りにしなければならない、という変なプレッシャーがさらに付け加わります。
そうではなくて、お子さん自身の思考の仕方で、抜け道を作っておくようにさせてください。その抜け道を作るときにはそばにいても、お子さんにアドバイスをしてもかまいません。ただし決定権は持たないことです。
お子さん自身の力で見つけた抜け道のほうが、どこに行っても使える可能性が高まります。

条件を同じにして、自力で親御さんもお子さんの取り組んでいる問題を解いてみてください。そこで見えてくるものもあると思います。(親御さんとお子さんでミスしていく過程が同じであることも、よくあることです)

お役に立てましたでしょうか?もしよろしければ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村
携帯電話からの方はこちらから
中学受験ブログランキング

この本も、お役にたてるかもしれません。

必勝!中学受験攻略本 (うかる~る)

必勝!中学受験攻略本 (うかる~る)

  • 作者: 華岡 依音
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本



ラベル:中学受験
posted by 華岡依音 at 07:47| 読んで、考えた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

「プリントをなくしにくい」ファイルとその使い方。

こんにちは。華岡です。

昨日、プリントをなくさない教え子さんの話をしましたが
なぜそうした些細なことが将来のことにつながるのかというと、プリントをなくさないというのは、就職して大切なものをなくさない仕事ぶりにつながると思うのです。
逆にいえば、なくしてはいけないものをなくすようだと、その方の仕事ぶりは、推して知るべしだ、ということになると思います。

しかし、今の段階でプリントをなくしやすいかたであってもなくさない方法はあると思います。そして、現段階で、プリントをどうすればなくさないか、頭が痛いかたもおいでのことと存じます。

プリントの指定席を作れば、なくしにくくなると思います。

ヤマトエコミュ アラビック さかだち 60ml(RC:1000058886)

ヤマトエコミュ アラビック さかだち 60ml(RC:1000058886)

  • 出版社/メーカー: ヤマト
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



このタイプ(テープでも、リップクリームのような形のものでもなく)
ののりをいれて、なくすと困りそうなプリントはすかさずノートに貼らせている国立の学校もあります。

プリントを貼りこんでなくさないようにする以外には、きちんと持ち帰り、きちんと持ってくることが習慣になることが大切になりますが、この形のファイルだとなくしにくいように思います。


1.ソフトタイプのカードケース
2.左右に分かれているもの。

大きな文房具屋さんに行ってこの二つの特徴を言うと、出してもらえると思います。

なぜ左右に分かれているほうがなくしにくいかというと、
持って帰るものと持っていくものの指定席を作りやすいからです。
学校では必ず左側のポケットに入れて持って帰ってきて、
家では全部出して、右側のポケットに持っていくべきものを入れるようにする。
はじめはちょっと面倒でも、これを習慣にすれば、
プリントをなくしにくくなります。このタイプのファイルであれば連絡帳もはさみこめるので、
帰ってくるときは「右に連絡帳、左にプリント」
持っていくときは「左に連絡帳、右にプリント」
という形をとることも可能です。
そしてファイルの位置を、ランドセルなり、かばんなりのどこにするかを徹底すること。ファイル自体が行方不明になってしまうのであれば、結びつけてしまってかまいません。

お子さんには、帰宅後、手を洗ったりトイレに行くのと同じ動きの流れでファイルを机の上に出してもらうようにし、
親御さんもプリントの確認を、一日の生活の中のどこかで、毎日の習慣となっている行動(歯磨きなり、食器の洗いものなり)の流れの中でしていただければなと思います。
posted by 華岡依音 at 11:27| つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

医学部に行く子、国立大に進む子、推薦を決める子、難関の職種を狙える子。

こんにちは。華岡です。

ここ二年で、大学進学とともに巣立って行ったかたがたは三人。そしていま大学四年生の方と、最近就職のお話をすることができました。四人とも、しっかりしたひとになっていらっしゃいます。

それ以前にも、国立大を出て医師になられた女性、難関大学を出て社会人になられている男性、女性、…いろいろなかたがおいででした。


そして、周りの方から高く評価をされることが多い進路を進む方に共通していることがありました。 

それは
「一枚のプリントをなくさない」
「自分なりのやり方で、自分のものを整理することができる」
ことでした。
それ以外はばらばらだっただけに、印象的です。
posted by 華岡依音 at 15:55| つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

中学入試は、大学入試へのスタートラインとは申しますが…

おはようございます。華岡です。

昨日はセンター試験の一日目でした。
国語の大問二の出典タイトルと作者名を知った瞬間からある予感があったのですが、
帰宅後、予備校のホームページで速報を確認して、



「これ、六年前に見たよね」
という言葉を口にするグループが、全国の試験会場でぽちぽちとでたのではないか…と、思いました。

現に、私自身、教え子ちゃんと演習したまさにその場面が、昨日のセンターの本文に出ていたように思います。

あの場面は記述で聞きやすいところですから、けっこう深く読み込んだ、その記憶はそんなに早く抜けないと思うのです。 

中学入試によく出る本として、各書店のフェア会場に平積みされるあの本を目にした中学受験生だった方はとても多いはず。
そのかたがたも六年経って、昨日の問題を目にしたわけです。去年の本文より、初見のかたが少ないはずです。
学校毎の平均点に有意な差が出るのではないかと思います。特にその学校で入試に出している学校は、高く出る可能性があると思っています。

同じ試験会場に、スタートラインを出て六年、トラックを一周してしまったという状態の方と、本当に初めてその本文に触れた方が混在しているのは、どうなのだろうかと、思うのです。

作問なさるかたは、周到に、そうしたことを、予備校の模試をチェックなさることで回避なさろうとしていらっしゃいますが、もう少し網を広げておかれてもよかったのでは、と、思うのです。





そして
塾のテキストで扱っているところもゼロではなかったように思います。 





posted by 華岡依音 at 08:30| 読んで、考えた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。