2007年12月28日

がんばれと口にしたい、そんなあなたに。

この時期、端の人間が思っているよりも、受験する当人は自分のこととして試験の意味を考えていると思います。
もちろん、受験を経験してきた人から見れば目の前のお子さんが力を出し切っていないように映るかもしれません。しかし、力を出し切る時期が遅すぎて困る以上に、そのピークがあまりに前に来てしまうと、本当にかわいそうなことになります。まわりのお子さんがピーク期に入って、力を伸ばし始めた時に、自分に力を伸ばすことが出来ず、過剰なストレスを強いられるからです。早くピークになればまわりの方は安心なさるでしょうが、私などは青ざめてしまいます。
ピーク期の長さはお子さんによって異なりますが、1ヶ月以上持たせるのは、かなりの負担をお子さんにかけることになります。たとえ合格しても、そのとき心身を燃やし尽くしてしまったら、そのあとのお勉強の方が難しいのですから、成績が崩れることになります。その意味ではピーク期に入る前に入試を迎えてもよい位なのです。それくらい、子どもが本気になる時期はデリケートな問題を孕んでいます。

お子さんが必死にやっていないように映っているかたは、
がんばれないからがんばらせようとなさらずに、
お子さんが今までやってきたことの中で頭に入っていなかったものを、
頭に入れられる方法を教えていくとよいのではないかと思います。
その穴を放置してがんばらせると、がんばっている自分に酔いながら優先順位を無視した勉強に励んだ結果、
穴にはまってさあタイヘン、
二匹目の泥鰌がコンニチハすることなく、
泥縄、泥沼でヨイヨイの善い結果とは程遠い結果になると思います。


今がんばっている、ピーク期のお子さんにはがんばれと言わなくてもがんばりますから、いかに穴を冷静に見つけさせるか、穴を避けないようにするかに私は腐心しています。穴を狙うのは何よりもリスクの高い賭である受験だからこそ、どんなに高揚していても冷静にさせなければなりません。

どんな厚意のなせるものであれ、下手に高揚させることほど効用の期待できない行為であるかを意識しながら、直前期のお子さんに接すると、どのような状況のお子さんも力を出しやすくなると思います。
posted by 華岡依音 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

入れやすいものを最優先で。

過去問であともう少しで合格点、だけど…あともう一息で越えられるのに、どうしようと悩まれる方もおいででしょう。
今なら、合格点に届かないその幅を埋める知識のなかで優先順位をつけられると思います。
特に、理科は、これから身につけるのは時間的に難しい項目もあると思います。
例えば四季を通じて身につける生き物のありさま。これに比べれば天体の運行は克服しやすいと思います。
なんだかんだ言っても理論を理解させるのはまだ間に合います。生物であっても、内部であればまだ説明が可能です。


あとはうまく説明できるように準備をすることとあわせて、お子さんにとって納得しやすい項目を洗うことです。
親御さんが苦手なものはお子さんも苦手であることがままあります。ともに生きる家族ですからしょうがありません。だからこそ、ご自分が得意かどうかではなく、お子さんが拒否反応を起こさないかどうかで最後の振り分けをした上で優先順位を決め一つ一つつぶすことが大切です。

理解しやすいものから、一つずつ。

苦手だから逃げていいものと逃げるとまずいものはまだ分けるチャンスがあると思います。
ここでもう一歩踏み込んで覚える作業に入ることはストレスフルです。ラストスパートをしやすくするための地均しのチャンスが今だと思います。
posted by 華岡依音 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

漢字を感じる。

漢字で点が取れないとお悩みの方もおいでのことと思います。
そんな時にも、過去問です。

過去問の年度、問題番号、漢字の問題文と解答とを表計算ソフトで打ち込み、学校別のシートを作ります。

打ち込み終わったら、解答で並べかえると
学校によっては好みの漢字があることがあります。
それ以外にも
同音異義語を好んで出す学校や
字形をミスしやすいものを出す学校や
漢字自体は簡単でも…といったもの。
例えば
読ませ方が小学校の配当でないものや
和語・漢語の語彙レベルで漢字の特定が難しいもの。
はたまた漢字が中学生の配当のものだったりすることも。

その特徴をつかんで、練習する漢字を絞り込むのも負担の軽減につながります。

入試によくでる漢字集を全部やっていらっしゃるのに過去問で点が出ない、若しくはそうした漢字集を解く時間が取れないというお子さんがおいででしたら、さほど時間のかかる作業ではないので、表計算ソフトを立ち上げて、志望校の漢字を感じることをお勧めします。
posted by 華岡依音 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国語の本文が読めない、のであれば。

国語の過去問を解くとき、
本文の中で使われている用語がお子さんの持っている語彙量を超えている場合は、それが志望校であるならば語彙量を極力増やすしかありません。
しかしながら毎年同じジャンルの本文が扱われるわけではありません。
そこで語彙を増やすために利用するべきなのは、
過去問の選択肢の中で使われている言葉です。
空欄補充の選択肢であったり、
内容一致で使われている用語など、
和語であっても
漢語であっても
外来語であっても
慣用句であっても
ことわざであっても、
問題の中で出されている言葉は、筆者の使っている言葉ではなく、
お子さんが行きたいと思っていらっしゃる学校の先生の言葉です。
特に志望順位が下がる場合は、過去問を全年度分お子さんに解いてもらう時間がないかもしれません。そのときでも、選択肢に使われている語彙のレベルを確認しておくと、どのような語彙を理解していることが大切であるのかが見えてくるのではないかと思います。


日常生活のヒントは、こちらに。


posted by 華岡依音 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。