2009年03月28日

再現ドラマ、みたいな受験って…。(上)

おはようございます。華岡です。

過酷なノルマを、自分ではない誰かに決められて、
そのノルマを「自分は、いついつまでに、これこれのことを、達成します!」と連呼させられて、とてもがんばっているにもかかわらず、思うようにはかどらない。
そのノルマが達成できているか、日々確認されては、
「達成できるのか?」「減給だぞ!」と言われ、
そのノルマを達成することにピリピリする・・・
そしてそのノルマを見かけ上だけでも達成させられるように
ごまかしをする・・・・


そんな方が再現ドラマなどで登場すると、

どう、思われますか?

どういう気持ちをその方によせるか、それはそれぞれだと思います。



いずれにせよ、その方がノルマをいつもいつも達成できるとは
思いがたい、と思われるのではないでしょうか。

しかし、

過酷な目標を、自分ではない誰かに決められて、
その目標を「あなたは、***に合格するには、今度のテストで、偏差値**を、とらなきゃだめ!」と連呼されて、とてもがんばっているが、わかるようにならない。
その目標が達成できそうか、日々確認されては、
「もっとやらなければダメなんじゃない?」「おこづかいナシにするぞ!」と言われ、
その目標を達成することにピリピリする・・・
そしてその目標を見かけ上だけでも達成させられるように
解答を写したりする・・・・

こうしたお子さんは、いらっしゃいませんか?

こうしたお子さんが目標をいつもいつも達成できるとは
思いがたい、と思われるのではないでしょうか。

しかし、***に合格するお子さんは、模擬試験で、偏差値**を取っていかれることも多いでしょうし、そこを否定してかかるわけにはいきません。最終的には、***に合格なさるお子さんが平均して持っている力は最低でも必要になりますから、そのための力はつけなければなりません。


さあ、そこで、どう言えば、良いと思われますか?

私なりの答えはありますが、それは、次か、その次の記事で書こうと思います。
少しだけ、お考えいただけますか?

もうお答えがおありの方には申し訳ありません。
少々、お待ちいただけますか?


もしよろしければ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
ラベル:中学受験
posted by 華岡依音 at 07:26| つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。