2009年04月08日

合不合予備テスト直前、何をやったら?

こんにちは。華岡です。

今週末は、四谷大塚の合不合予備テストの一回目です。
毎週テストを受けていらっしゃる方は普段のテストの問題よりやさしいもの、難しいものがまざった問題になると思います。

国語の問題は、普段難度の高い問題を解いていらっしゃる方に多少なりとも合わせた形になると思うので、若干難しいと思います。
たとえ空欄補充でも、点差がバラけることを目的とする出題になりますから、すべての空欄を満たしていくような視点が必要です。簡単に言うと、一番目の空欄で必要以上にこだわらない、ということでしょうか。
あとは、過去に間違った漢字を覚えて試験に臨まれることは効果的です。本当に、効果的です。


復習が一番効き目があるのは、算数だと思います。
毎週テストを受けていらっしゃる方は、ご自分がここ10回くらいのテストで間違えたものを確認なさると、効き目があると思います。
普段毎週四谷のテストを受けていらっしゃらない方であっても、過去にご自分が受けたテストないしテキストでずっこけてしまった問題をやり直すのが、算数で「わかっているはずなのに、間違える」という展開を防げると思います。

理科・社会については本当に当たり前に知っていないとまずいもの(春休みに知識の確認をなさった方は、その中で間違えたもの。)を叩くのが一番の早道だと思います。全く手元にそうした確認問題がなくて、駆け足で確認なさりたい方は日能研のメモリーチェックの巻頭に載っている弱点洗い出しのテストがいいかもしれません。
ただし、ある程度時間に余裕が必要ですし、最初から最後まで自力で解かせるのではなく、一緒に解いていくほうがかなり時間短縮に役立ちます。




四教科で一つだけしかできそうにないのであれば、算数をお勧めします。塾に通われている方は、1日強しか時間を取れないと思いますので。

ノートの作り方は、こちらから


お役に立てましたでしょうか?
もしよろしければ、クリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
にほんブログ村
ラベル:合不合 四谷大塚
posted by 華岡依音 at 15:39| つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。