2009年04月17日

中学受験から大学受験をつなぐ、国語の問題集をみつけました。

こんにちは。華岡です。

昨日本屋さんで、素敵な問題集を見つけました。

「ちくま評論入門」です(クリックしていただけると、アマゾンのページに飛びます)。

まだ出て間もない本ですが(それでも二週間は経っています)、
この本は大学受験を考えている高校生のみなさんだけでなく、
難関校を狙って中学受験をなさった中学生のみなさんにもお勧めです。

中学受験のための塾には、学校名をつけた学校別の特訓授業があると思います。そのクラスの中でやりぬかれた方にとっては、中学校の教科書はやさしすぎてびっくりなさるかたもおいでなのではないでしょうか。

そうした方に、本文の長さと難しさ、脚問→読解の問題といったかたちでの記述式解答の作り方と、中学受験当時のレベルを落とすことなく読みこみ、解き続けていかれるテキストだと思います。
もちろん、いきなり全部を解くのは大変ですから、お子さんの興味を持てるところから順々に進めていただければ良いのではと思います。

そして、この本が終わられてしまった方は、
ちくま評論選へと進まれてもよろしいかと存じます。

お役に立てましたでしょうか?
もしよろしければ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
posted by 華岡依音 at 11:27| 読んで、考えた。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。