2010年01月10日

かちある、れんせん。

こんにちは。
首都圏では埼玉エリアの中学入試が始まりました。

これから埼玉エリアを連戦なさる方もおいでかと存じます。
連戦していくうえで大事だと思うことは、
もしかしたら昔にも書いていることかもしれませんけれども、
「その日の謎は、その日のうちに」解決しておくことです。

連戦するかたは、連戦しないかたに比べて、
体力的にも精神的にも消耗します。
しかし、そこを補って余りある
「今年の、旬の問題」を目にすることができます。
時事問題にしても、何にしても、
その年ごとの傾向というものは存在します。
割とマイナーなことを聞いているようでも、
それが次の日に出る可能性もありますし、
千葉エリアの入試に出る可能性もありますし、
東京・神奈川エリアの入試に出る可能性もあります。
(2009年の入試でも、私自身物理系の問題で、
これでもかこれでもかとある傾向の問題を見たことがあります)

もちろん、マイナーなものがその学校の先生の御趣味である可能性がないわけではありません。

しかし、連戦していて、
「前にとけなかったところが、またとけなかった」
という状況は、
心理的にも物理的にもマイナス作用があるように思います。
復習して理解している人は、
答えを数日前に教わっている状態なのですから、
勝敗にかかわる場合もあると思います。

そこをねらって、試験を受けた後そのまま塾に集合して大ときなおし大会をするところもあります。
埼玉・千葉エリアの学校は各学校ごとに受ける方も多いでしょうから、ときなおしをした方もなさらない方もそれぞれに多く存在すると思います。

連戦を、価値ある、そして「勝ち」あるものにするために。
復習することが、今ほど意味のある時期もないと思います。


その時には、答えだけを知るのではなく、その答えにたどりつくための周辺知識も、納得できるものから、頭に入れてあげてほしいなと思います。



posted by 華岡依音 at 15:41| つれづれなるままに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。