2007年06月28日

イメージ力と、表現力と。

ブレーンが、お勉強の目指すもののひとつの形を示しているので、思うところを記してみたいと思います。また、Mr.Hot Cake先生の記事も拝読し、記しています。

中学受験で言うと、
「解法」といった形で「思考パターン」が伝授される。
それらを反復し、「問題の文法」という形で、問題を見た瞬間にその表現の中にかくれんぼしている「思考パターンの糸口」を見つけ、「パターン」を想起し、相手の求めている表現方法で答えを導いていく。その速度が速ければ早ければ早いほど、その導き方が正確であれば正確であるほど、複雑なものを解析できるほど、偏差値の高い学校へのチャレンジ権が得やすくなる。そして、そうした能力の高いお子さんであれば、その「思考パターン」の共通点を見つけ出して、見たことのない問題であってもねじ伏せるという技を身につける。

能力をお持ちでしっかりしたトレーナーがそばについていれば、そこまでの能力はつく。

しかし、そうした受験生生活を終えて中学に入学すると、
「解法」が「パターン」として示される機会は減る。
いわゆる東大塾と言われるような塾であっても、東大を出口の一つとして持つような学校であっても、授業風景はとても普通だ。ただ、イメージを持つための材料は早い段階で、軽く、明るく、大量に与えられる。その材料をうまく使いこなさなければいきなり成績が沈み込み、使いこなした級友たちが、数年後に「思考パターン」の糸口を示されてすいすいと受験の海を泳いでいくのを「あら?」という思いで見ることになる。そして、自分がもう一度同じ土俵に上ろうとしたとき、自分が裸であることを知る。

また、大学に入学すると、自分で何とかして知らなければならないイメージを持つための材料の量はさらに増える。そして、その材料は自分で探しに行かなければ増やすことができない。しかし、いざとなれば何とかなる。「パターン」を探しに行くことはできるから。そしてその探し方を誰かに教わりに行くこともできる。なぜならお金を払って学んでいる立場だから。コピーアンドペーストである程度の土台を作ることがまだ許されているから。もちろんすべてをコピーするようだと、糾弾される側に回るが。

そしてお金をもらう側になったときに、自分の持てるイメージの材料を自分のなかにある材料を使って表現し、さまざまな現状の中から「パターン」を見出して処理したり、いかなる「パターン」にも当てはまらないように思える状況の中でも、自分にできる一番よいと思われる方法で、できるだけ正確にねじ伏せていくことが、「思考」だと思うのだ(どうしてもねじ伏せられない場合は、自分が傷つかず、周りも傷つけないように逃げる、ということも含めて)。そしてその思考を、他の人へ伝えるために、必要なイメージの材料となる言語も、できるだけ他の人と共有しやすいもので、伝える手順も、伝わりやすさを目指すものであれば、どのような相手であっても力を与え合い、作用しあい、どのような状況であっても潜り抜けることができるように思うのだ。


つまり、「思考パターン」を与えられ、理解するためにはその前の段階の「語彙」が必要であり、その「語彙」をインプットし、アウトプットする訓練を積まなければたとえ「思考パターン」を与えられても理解ができない。ただ、その「思考パターン」ごと指導される時期は限られており、その時期以外は非常に地道な「王道」も「覇道」も「邪道」もない、こつこつとした学びの時期が続く。だからたとえ一時期「思考パターン」を与えられるだけのレベルまで学力がついたとしても、その「パターン」がすべてなのだと思った瞬間に「学ぶ力」の衰退が始まる。そして「思考」を自分の力だけで行うときに思考のために使える語彙の量が多く、その語彙を他者と共有し合えるだけのイメージ力と表現力があれば、現実を切り抜けられるだろうし、そのための頭の使い方を人は若いときに「学びの場」で身につけていくのだと思う。


そのために自分の中にあるイメージの材料である「語彙」を若い時期にこそ増やすべきであろうし、その語彙を運用できるかどうかをアウトプットし、確かめ続けることが「学びの場」でイメージ力と表現力をつけていくことであるように思う。その作業が、若い時期のお勉強のひとつの形なのではないかと思う。「思考パターン」はあくまでも仕上げの時期のうまみ調味料のようなもので、そこだけに頼るのは体にも、頭にも悪い。あくまでもイメージの材料を言葉を使って頭に入れ、言葉を使って表現すること。素材を多くし、その素材をどう結びつけるのかを知っていれば、自分の力でその素材を増やし料理する段階で、無限に「学び」を広げていかれると思うし、そのお手伝いをするのが自分の仕事だと考えている。



posted by 華岡依音 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。