2007年09月23日

中1・平面図形の作図。

中学一年生は、3.14の呪縛から離れて幸せなのですが、
定規で長さを測ることを封じられて、少々おろおろします。

作図が三種類ありますね。
垂線
垂直二等分線
角の二等分線
でも結局同じことをするんです。

曲がっていてもまっすぐであっても、
ある線の上で二点を取る。
垂直二等分線のときはもう二点が決定しているけれども、
角の二等分線と垂線はある決定している一点に針をぶすりと刺した上でコンパスをくるりと回して線の上の二点を決定する。
あとはそこからシャネル型を作ればいいのです。



この話は少し続きます。
posted by 華岡依音 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。