2007年12月17日

漢字を感じる。

漢字で点が取れないとお悩みの方もおいでのことと思います。
そんな時にも、過去問です。

過去問の年度、問題番号、漢字の問題文と解答とを表計算ソフトで打ち込み、学校別のシートを作ります。

打ち込み終わったら、解答で並べかえると
学校によっては好みの漢字があることがあります。
それ以外にも
同音異義語を好んで出す学校や
字形をミスしやすいものを出す学校や
漢字自体は簡単でも…といったもの。
例えば
読ませ方が小学校の配当でないものや
和語・漢語の語彙レベルで漢字の特定が難しいもの。
はたまた漢字が中学生の配当のものだったりすることも。

その特徴をつかんで、練習する漢字を絞り込むのも負担の軽減につながります。

入試によくでる漢字集を全部やっていらっしゃるのに過去問で点が出ない、若しくはそうした漢字集を解く時間が取れないというお子さんがおいででしたら、さほど時間のかかる作業ではないので、表計算ソフトを立ち上げて、志望校の漢字を感じることをお勧めします。
posted by 華岡依音 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。